「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著《2022年2月刊》
ペン画による制作。(一部鉛筆画やPhotoshopでの網掛け)
全41点中の一部のイラストを下記に紹介。
19人の執筆者による書籍で、小野・木村氏の編著。
小野・木村氏・編集担当者で何度にも渡るZOOM会議でイラストで表現する部分の説明を打ち合わせ。
沈没船に関しては、世界で初めてイラスト化されたモノも数点。
私は船に関しては素人なので、説明を受け参考資料・文献などをいただいて数度ラフをやりとりして完成へ。
ほぼそのまま参考になる図や写真等が無いものが多く、先生達に提供していただいた近い時代や様式の当時の船の絵(古代の絵)から類推。
白黒の線画で一枚でいかに構造や貨物がわかるようにするかを工夫。
著者達の活動や編集担当者の多忙などで、作業が保留になる期間も多く、最初の依頼連絡があってから全イラスト(大小約40点)を納品するまでは約10ヶ月。
集中して作業をした場合は3ヶ月くらいの想定。

「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著 表紙と掲載例
書籍表紙と掲載例


「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著 ペン画イラスト いとう良一 古代エジプトの壁画 インゴット スカラベ 古代カナン地方の壺 アンテキィセラの復元図
左上:古代エジプトの壁画に描かれた中東人(右から2番目)がインゴットを担いでいる。左下の板状のモノが銅のインゴット。その右上のモノは青ガラスを使ったインゴット。左中央はスカラベ。
右上は古代カナン地方で生産された壺。その下は囲みに蝋を流し込んで刻むように書くノート状。
右下の箱はアンテキィセラの復元図。ギヤの数等は省略しているが、立体の復元イラストは世界唯一?もっともギヤはすべて発見されてはいない。


「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著 ペン画イラスト いとう良一 アレクサンドリア港 キレニア船 バンカチャイ沈没船
左上:アレクサンドリア古代巨大港「ポルトス・マグヌス」当時世界最大の建造物(134m)だったとされる灯台がある。右上:朝鮮王朝時代の船底構造。左下:キレニア沈没船復元図。右下:バンカチャイ沈没船の構造と積み荷の様子。


「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著 ペン画イラスト いとう良一 ウルブルン沈没船 ポートロイヤル マタノ湖
左上:ウルブルン沈没船の鉄釘を使わない構造。右上:カリブのポートロイヤルの街の様子の復元。下二つ:インドネシア・スラウェシ島のマタノ湖の湖上家屋とマレー式に正装した際のクリスの装着。


「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著 ペン画イラスト いとう良一 元寇 蒙古 蒙古襲来 蒙古船
蒙古船の復元図と船上の蒙古兵と漢人兵。復元図は、海底に残る船底の調査と最新の研究により、これまでで最も正確に形を再現。

「図説 世界の水中遺跡」グラフィック社刊・小野林太郎/木村淳編著 ペン画イラスト いとう良一 新安沈没船 北地中海型商船
左:東アジアの新安沈没船の構造と積載物の様子の復元図。甲板にハッチがあったと思われる。右:黒海の北地中海型商船の復元図


■ イラスト制作実績 ■

~ なじみやすい紙面作りのお力になります ~

イラストのご依頼・ご相談 お問い合せ
イラストの発注ご検討用に サンプル集

タッチ・タイプ別見本
シンプルなタッチ
鉛筆やペン、透明水彩での軽くシンプルなタッチ。
手描きならではの味わいです。
図鑑や解説イラスト
構造や空間、モノのあり方を的確に描き出します。
町並みなどのイラスト
現実の風景も架空の風景も必要な要素・構成で描き出します。
塗り絵のためのイラスト
近年需要の高まっている塗り絵のご依頼を多数いただいています。
絵本関係
ほっこり系からリアル系までお任せください。
自著も複数あります。
動物イラスト
どのようなタッチでもその生物のポイントは外しません。

▼ 実績別見本 ▼
CM・広告・装画 等

CM・広告
《色鉛筆、透明水彩》
テレビCM、雑誌やパンフレット内の装画や広告など
挿画・カット・etc
《色鉛筆、透明水彩、パステル》
書籍カバー(装画)
《色鉛筆、透明水彩、鉛筆、CG》
カレンダー
《透明水彩》
宝くじ
《透明水彩》
Web関係
《透明水彩、CG》
神社関係(御朱印等)
《透明水彩、色鉛筆》
一太郎2020イラスト素材
《鉛筆、ペン、透明水彩》

絵本

「しかけえほん・のりものゴー!」(コクヨ)きのしたけい作
《透明水彩》
しかけをめくると乗り物が動き出します
「うみといきる」(金の星社)ふくい てる著
《透明水彩》
津波の被災を乗り越えて海と共に生きていく少年たち。
「そらをとぶのりもの えほん」(スタジオタッククリエイティブ 社)秋本俊二監修
《透明水彩》
空を飛ぶ乗り物の図鑑絵本。ほど良いリアル感で描写。
「たのしい 絵ずかん のりもの」(交通新聞社)自著
《ペン+透明水彩》
91点の乗り物を描きました。リアルだけどほどよくほぐれた図柄です。
絵本草枕
《透明水彩》
草枕を絵本にしたい!という方が企画してクラウドファンディングで制作されました。
「石の唄」(未刊)
《透明水彩》
江ノ電鎌倉近辺を舞台にした心にしみる大人の絵本。
絵本挿画
《透明水彩》
絵本の中の何話かを担当したイラスト

書籍:図鑑、解説本

「図説 世界の水中遺跡」(グラフィック社)小野林太郎・木村淳編著
《鉛筆・透明水彩》
水底の遺跡や引き上げられた様々な物品から、当時の暮らしや文化の謎を紐解く。
「世界のピラミッド」(グラフィック社)河江肖剰・佐藤悦夫他編著
《鉛筆・透明水彩》
発掘研究などに携わるエキスパートを集めて構成した「世界のピラミッド図鑑」。
「やっぱりペンギンは飛んでいる!!」(技術評論社)自著
《色鉛筆 ペン CG》
著者兼イラスト
「日本の名城 解剖図鑑」(エクスナレッジ)
《鉛筆》
250点超のイラスト
「神社の解剖図鑑」(エクスナレッジ)
《鉛筆》
10万部を超えるベストセラーとなった書籍のイラスト、500点超を担当
「ローカル鉄道の解剖図鑑」(エクスナレッジ)
《鉛筆》
400点超のイラスト
「日本の名作住宅の間取り図鑑」(エクスナレッジ)
《鉛筆》
「高速ジャンクション&橋梁の鑑賞法」(講談社)
《鉛筆》
高速道路の構造や部品等々を描きました。
「地球」の設計図(青春出版社)
《ペン・Photoshop》
「コウモリのふしぎ」(技術評論社)
《色鉛筆、ペン、CG》
「野菜がうまい! 土名人」(万来舎)
《透明水彩 ペン》

書籍:文学(エッセイ、ノンフィクション含む)

「玉電松原物語」(新潮社)坪内祐三著
《鉛筆・透明水彩》
「みんなに贈りたい伝記」(PHP研究所)
《透明水彩》
松下幸之助とガリレオを担当
「文豪の素顔」(エクスナレッジ)
《透明水彩》
「大空では毎日、奇蹟が起きている」(オープンブックス)
《色鉛筆、鉛筆》
JALの職員が体験した感動のお話を集めています。
「お遍路ウォーク」(くもん出版)
《色鉛筆、鉛筆》
「パンジャラポール」(ホノカ社・未刊)
《透明水彩》
アボリジニ(未刊)
《鉛筆》

書籍:ぬり絵

「~大人女子のぜいたく時間~日本の歌ぬりえ」(大泉書店)
《ペン・透明水彩、色鉛筆》
「おとなのスケッチ塗り絵 日本の原風景 〜記憶に残したい心の故郷〜」(MdN)
《ペン・透明水彩》
「大人の塗り絵」(大創出版)《透明水彩》
ダイソーで販売されている塗り絵本用の見本画。2年おきの刊行で毎回参加しています。

書籍:その他

学校教科書・副読本
《透明水彩・色鉛筆》
「くらべて、かさねて、読む力」(光村教育図書)
《透明水彩 不透明水彩》
「神さまが熱烈に味方してくれる生き方」(Linda Publishers)
《透明水彩》
神社におられる神様のお話や、神社や参拝についての本。
「奇跡の営業所」(かんき出版)
《透明水彩》
「賢人たちからの運命を変える質問」(かんき出版)
《鉛筆》
100点超の偉人の似顔絵

雑誌・ムック

「いきいき水彩画8」(日貿出版)
《透明水彩》
京王井の頭線沿線の風景画
「日経おとなのOFF」(日経BP)
《透明水彩・鉛筆》
和風年賀状素材イラスト
《色鉛筆、透明水彩》
風景を中心とした和風年賀素材用イラストで、干支にはからめていません。
和風年賀状素材集「和の趣」(技術評論社)《色鉛筆》 和風年賀状素材集のパイオニア!創刊から休刊号まで毎年描きました。
自衛隊オフィシャルマガジン「MAMOR」(扶桑社)
《透明水彩》
《公財》日本野鳥の会(リーフレット・会報誌)
《色鉛筆、透明水彩》
隔月刊「野菜だより」(学研プラス)
《透明水彩》

定期刊行物連載

「玉電松原物語」(新潮社「月刊小説新潮」)《鉛筆》
坪内祐三さんの連載エッセイ。私の地元にも近い所のお話で、軽い鉛筆タッチで描いてます。
「ある高齢者の豊かな生活」(集英社「月刊・青春と読書」)
《透明水彩》
安田依央さんの連載小説の挿画。
日本の昔話(月刊新世)
《水彩》
人生の大先輩(月刊新世)
《透明水彩》
きたやまおさむ氏エッセイ(共同通信社配信)《色鉛筆》
全13回の新聞掲載エッセイの挿画。毎回のテーマに合わせた心象風景を描きました。
月刊「理念と経営」エッセイ(コスモ出版)《透明水彩》 プロとアマチュアの違いについての連載エッセイの挿画。掲載号の季節に合わせた風景です。
企業グループ報挿画(日立ハイテック・ダイエー)
《透明水彩》
月刊新世・表紙裏
《鉛筆》
掲載号の季節に合わせた叙情的な風景を描きました。
月刊やくしん・タイトルイラスト
《透明水彩》
掲載号の季節と当時のお話に合わせた思い出の光景。

オリジナル作品

下北沢の絵
地元の下北沢の絵を描いています。地元民の思い入れの風景も多いです。
ナンセンス・ファンタジー
空飛ぶ動物や様々なとぼけた絵です。
透明水彩画1
透明水彩画2
透明水彩画3
透明水彩画4
色鉛筆画1
色鉛筆画2
色鉛筆画3
不透明水彩画(ガッシュ)
パステル画
ペン画・焼き絵
丹頂鶴(タンチョウヅル)

その他の創作

Web絵草紙
書籍として刊行希望のモノや出版者の都合で出版できなかったモノがあります。
ネコのつぶやき1
撮影したネコたちにつぶやかせています
ネコのつぶやき2
撮影したネコたちにつぶやかせています
ネコのつぶやき3
撮影したネコたちにつぶやかせています
工作物
木工を中心とした自作立体物。

イラストのご依頼・ご相談 お問い合せ
イラストの発注ご検討用に サンプル集

~ なじみやすい紙面作りのお手伝いをいたします ~