オリジナルの透明水彩画
「廊下の記憶」

現在の住居は建て直して30年目ですが、その前の昭和初期に建てたれた家の廊下のイメージです。
実際には幅はこれの8~9割くらいだったかと。
突き当たりの洋間の表窓の形や部屋の大きさも若干変えてます。
ただ、見えているバショウやソテツの木はこのままありました。
高校までバナナの木だと思っていた^^;;
そっくりな実がなるし。
廊下にはぞうきんをかけたバケツが常備されているのも当時はお約束でしたね。
廊下の上部には、雨の日の部屋干し用にビニールワイヤーが張られてました。