花巻発・銀河鉄道の夜 イラスト 色鉛筆

花巻発・銀河鉄道の夜

《色鉛筆》 (42cm×30cm)
宮沢賢治の故郷、花巻に行くと、あのような童話の数々が生まれたのが良くわかる気がします。賢治を知らなくても読みたくなってきます。今描くと、「999」のイメージも強いでしょうが、花巻に捧げる絵です。
実は最初は鉛筆画で黒一色の絵でした。個展の時にたまたま入った人が「わたし、この絵が青色だったら欲しいんですけど、そういうのは失礼ですよね?」と言いました。純粋にそのように言っているのがわかったので、快諾しました。で、青で描き直してみたら確かにその方が良かった^^;;

前へ<  ◆  >次へ


◆ ナンセンスギャラリーへ戻る ◆