丹頂鶴 イラスト 色鉛筆

丹頂鶴

《色鉛筆》 (31cm×22cm)
冬の釧路に良く丹頂鶴を見に行きました。
その鶴をイメージしたものです。
以前、サンリオの「詩とメルヘン」のイラストコンクールに応募していた時、「葉祥明に似ている」 「イラストとしては物足りない」と言う、やなせたかし編集長の評に逆らって同じような絵ばかりを送って、毎回入選候補止まりでした。
この絵は唯一、選外秀作として"講談社フェ-マススクールズ賞をいただきました。

前へ<  ◆  >次へ


◆ タンチョウヅル・ギャラリーページへ戻る ◆